2018年11月01日

膝が・・・

そろそろ膝が痛くなる季節がやってきました。
ねんじゅう痛いのですが、やはりそれでも夏の間は和らぎます。

帆座のいた際ってなって見ないと分からない、階段の恐ろしさとか、その痛みって本当にひとそれぞれ。
私は歩きだせばなんてことないんでうす、走る事もできます。
ヨガもしています。
なんでもない、、、どころか、人よりできます。
でも痛いのです。

座っていて、歩き出す時が辛いです。
なんとかしたいけど、医者が何もしてくれません。
病名をつけてくれないのです。
だから整体に入ったりして自費でなんとかしようとする人がごまんといるんですよ。
整体も一度行けば終わりではないし、けっこう高いです。
続きませんよ、続けたら生活が大変だし、一過性のもの。
そりゃ手術などしてもらった方が早い。でも出来ない。
病名がないんだもん。

様子見てください、で何千円もとっていく医者のなんと多いことか。

てなことで、今はこれからもっと痛くなるべく冬に備えての対策を考えているところです。
なるべく冷やさないようにしよう、基本はそこですが、
食べ物や動きなども。。。
医者になんか頼ってると痛みはなくならない。

誰かこの膝をなんとかしてーー(って、むじゅん??)。

2018年10月01日

メルボルン事件

メルボルン事件というのを知っている人は少なくなってきましたね?

メルボルンで捕まった日本人の事件なのですが、そもそもはマレーシアで起こったことなんです。
マレーシア経由でメルボルン(オーストラリア)に入った日本人4人なのですが、
マレーシアでスーツケースが盗まれてしまうんです。
中身がどうだったかは記憶が怪しいのですが、その時のガイドが新しいスーツケースを用意してくれたのでそれでメルボルンへ。
でもそのスーツケースに歯麻薬がいっぱい入ってた、というわけですね。
加えて、その時についた通訳がいい加減で、ちゃんと通訳しなかった、
だから刑務所に入った、というわkです。

もう釈放されています。
日本の法律ではなにもおとがめはないんですって。

そもそも、捕まった5人のうち3人は犯人で、残りの2名は無罪だったとも言われていて、
警察はこの3人を泳がせていた、という噂もあります。
暴力団関係者だったとか?このあたりはよく分かっていません。
でも、なにかうさんくさいものもありますね。

真相はわかりませんし、ゴシップでものをいうのもよくないけど、
1名の女性は無実だった、ってことはもう誰もが分かってること、
きっとおs-ストラリアもわかってます、認めないだけで。
だから強く生きてほしいなって思うのです、この女性にはね。

しっかし、日本語がよく分からない通訳なんか使うなーーー!
お前のせいで刑務所だぞーーー!
名前はチャーリー、、、名まえだけでも怪しいわ!(???)

2018年09月01日

スリッパ

実家ではスリッパを履く習慣がなく、でもお客様用のスリッパはありました。
でもお客様も減ってきて、スリッパも劣化してたので捨ててしまい、
あとは適当にスリッパなしで対応できていたようです。

でも、スリッパがないって内心嫌な思いをする人もなかにはいるんですねー。

じっさいに廊下が汚い家に行く時にスリッパ持参で行くかどうかの質問をネットでしているのも見ました。
答えの多くは「靴下で我慢」する、でしたが、そうですねー、
スリッパ持参で人の家に行くなんて失礼でしょうねー。

我が家ではそんな汚いってことはないのでいいのですが、
それでも人によっては気持ちが悪いと思うこともあるのかもしれません。

うちは何も気にしないので、もし、もし気になるのならスリッパ持参できてくれて構わないです。
嫌な思いや我慢してまで廊下を歩いてほしくない。

それにしても、、面倒なものですね、スリッパ出したら出したで「古い」とかなにかいいそうじゃないですか。
そんなこといったら公共の場のスリッパなんか履けませんよ。
今は抗菌がされているところが多いけど、そんな神経質でいるとあれも履けないのではないですか?

2018年08月01日

つるつる

お肌がつるつるしてる人に会いました。
不自然なくらいつやつやだった、何塗ってるんだろうー。
でも羨ましい、あんなつるつるなら自慢だろうなー。
何か塗っていて光っているにしても、地が綺麗じゃなかったらあんなふうにはなれない。

以前、すごく有名でネットで「これは利く!」みたいなクレンジングが流行ってて(??)
そこには「つるつるになりました」的な口コミがすごいあったんだけど。
あれを使っているのかも?

とあるクレンジングゲルの内容量は200gもあるので、ずっしりとしていて重量感があります。
2か月間も使えるので使い勝手も良いですね。
手に出してみると、オレンジ色でオレンジの香りが広がりました。

テクスチャーははちみつのような少し粘り気があります。
実際に冬に使ってみたんですが、肌に乗せると少し温かいと感じるくらいでした。
じわっと温かくなっていきます。

これで分かってしまう人もいるかも??
そのクレンジングを使っていると、確かにつるつるになります。

でも、見た人の顔があの製品を使ってのつるつるだったのかまでは分からない。
それにしても綺麗だった、羨ましいですーー。
あんな肌に憧れますー。

2018年07月01日

嫌味な人

なんでも嫌味でかえしてくる人がいます。困ったものです。
嫌な感じはしますが、早くこういう人とはかかわりをなくして生活するのがいいようですね。
早くその時が来ますように。

精神的に安定していて幸せならば、嫌味を言おうなんて気持ちにはなりませんよね。
だから、幸せな人を見るとイライラしてしまって文句を言ってしまうのだと思う。
自分の私生活に余裕が無い人ほど嫌味を言ってしまいます。
そして、イライラしているので我慢が出来ずに思っていることを言ってしまうんです。

自分がシアワセなら、人に嫌味なんて言いませんもんね。

あとは、自分に自信がない、かな。
自信がないから相手を攻撃するんです。

人の上に立ちたい、少なくともあんたには見下されたくない、って思ってる人も嫌味をいいますね。
女性に多いかと思われがちだけど、男性にもいます。
そんな人間にならないようにしたいなって思います。
皆さんも気を付けましょう。

人に嫌味を言わないように!

2018年06月01日

関節がいたーーい。

膝とかの間接が痛くなってきて困る。
親もそうだったし、年齢もあってどうしようもないかもだけど、
痛いのは嫌だから少しでも緩和させたいって思うじゃないですかー。

ひざ治療では、地網止めのクスリや抗炎症剤を飲むとか、
湿布薬を貼るとか(これって役に立つのかな?)ヒアルロン酸注射を打つといった対策が主みたいです。

一時的な痛みはおさえられても、基本的な改善は難しいのが現状ですよね。

その間にも痛みの原因となるひざ軟骨の破壊は進行しているのですし。。

dもこういう方法が一般的。
もっとこう・・・ばしっと直るようなものがあったら・・・
ノーベル章ものか。笑

私の場合は、長年のスポーツのたまもの。かなと。
スポーツって、やりすぎてもよくないんだよね。

コンドロイチンとかグルコサミンとかのサプリあるけど、あれも一過性のもの。
お金もかかるし、、、やれやれ、、です。

なんとかしたい。
こうして訴える事しかできないのが、、、なんとも悩むところですわ。。

2018年05月01日

ひとりで

ひとりでカラオケとか焼き肉屋とかに行けない人が多いと聞いてびっくりしました。
また、ひとりで行く人を周りがあんがい否定するんですよね。
別にひとりで行ったっていいと思いますが。
私はカラオケをしないし、焼肉も食べないだけで、
好きだったらひとりでも行くと思います。というか、行きます。
どうしてひとりで行くとおかしいのか、こっちの方がおかしい。

結婚も同様で、結婚してないとおかしな目でみられるとか。
中国と韓国では独身はよくないという傾向で、親が必死で結婚させようとするらしい。
びっくりでしょ。

でも、日本も似たようなことありますからね。

一方、アメリカ人のテイラーさん(男性20代独身)はちょっと違う意見です。
「ソロになるのも、結婚するのも自分の選択」という考えがアメリカでは浸透しているので、
独身であっても特段わずらわしいことはないそうです。

さらに、ドイツではプラスのイメージがあるそうです。
ドイツ人のタベヤさん(女性20代独身)は
「ソロには『自由、気ままで生活できる』というニュアンスがあります」。

とのこと。

独身でいて楽な国に移住する??

2018年04月01日

フェイスブック広告

入ってくる広告はうざいかもしれないけど、出す方は必死な広告。
フェイスブック広告に広告を出すと、リーチが伸びて売上につながるという噂。
なにを宣伝するのかにもよるみたいですけど、
お金かけて宣伝してもその宣伝費にもならない、かもしれないんですって。

Facebook 広告の最大の特徴は、詳細なターゲティング設定にあるんだよね。
そう聞いてます。
Facebookは実名登録だけではなくて性別や生年月日、
居住地、興味の対象を登録することも推奨しているから、
ユーザーの詳細なデータを取得できます。

年齢(13~65歳まで1歳単位で設定可能)、
性別、市町村区まで特定してターゲティングが可能です。

これで頑張ってみました。

宣伝費にもならず、、でした泣
でも、効果の出てる人もいるようです。

Facebook 広告は、ほかのサイトへ誘導できる リンク 広告だけではなく、
目的に合わせた様々な広告が提供されていますので、
そういうことも考えながらやっていくといいみたい。

私の場合は完璧に失敗でしたけど、後悔はしてません。

2018年03月01日

鍵をあける腕前

家の前まで来て「あ、鍵がない!」とか、
昔は車の鍵をさしたままロックしちゃった、なんてこともは昔ありました。

そういう時に鍵やさんというのがいて、電話するとかけつけてあけてくれる。
そんな商売の人がいました。
よって、この人たちはどの家でも開けて入る事が出来るというわけ。

そういう業界を代表する腕前を持つ木村さんは警察捜査に協力したり
芸能人のいざこざに立ち会ったりするのも珍しくないそうで。

そういう行いは「非日常」とあるものの、スリルとドラマに満ちた時間こそが「日常」なのだなー。

ある鍵氏さんの成功のヒントを与えてくれたのはその人の先輩技師の助言だそうです。

いくら腕のいい錠前技師でも「営業力」と「気力」がなければお客はつかまえられないと諭され、
熱心にチラシ配りや飛び込み営業に精を出すようになったそうです。

睡眠時間さえ削る努力と、インターネットでの宣伝に力を注いだ先見の明もあって、
その人は年収3000万円を超えるほどに売上を伸ばしたそう。

すごいですねーーー!

でもね、お金ではない感じがします。
開けられた時の喜び、ここなんだろうなー。

2018年02月01日

むちむち?

バリ人と話してた時のこと。
どうしてバリ人は日本人の女性が好きなのか、聞いてないのに話し出した(笑)。
それによると「かわいい」とのこと。ふむふむ、そうか。
全体的に可愛いんだろう。

次に「膝で寝ると気持ちいい」とのこと。
なんだそれ。
「むちむちしてる」のだそうだ。
でも、それなら欧米人だって、バリ人だってそうでしょ、女性はほとんどムチムチしてると思うけど?

でもなぜか違うらしい、好きでいてくれるならそれでいいけどねー。

まるでそこにいた男性全員が一度は膝枕でネタ経験があるかのようでしたが、
そうだったかどうかは分からない、聞けばよかったか??

日本人女性は世界的に見てもモテるけど、むちむちが原因だったなんて。
もっとこう、、、料理がうまい、とか、優しい、とか、そういう言葉も聞きたかったな。

むちむちと、可愛い!だけじゃなーー。
そうじゃない人はどうしたらいいのか。

もてたいわけでもないからいいのだけどね。

バリ人と結婚したい人、バリに行けばすぐに相手はみつかると思います。